出典:https://www.photo-ac.com

こんにちは。今回は、私がオススメする粉ミルクについてお話させて頂きます。

粉ミルクって沢山種類があって、月齢毎に特徴も変わってきますよね☆

今回ははそんなミルクについてまとめていきます。

スポンサーリンク

私は息子を出産した際に、産院から『E赤ちゃん』を詰め替えとセットで頂きました!
なので、『E赤ちゃん』が無くなるまでは、詰め替え買わなあかんなーって言う感じでしたが、なんせ、粉ミルクって当然『粉』なので、専用のスプーンで計量してミルクを作るのは大変でした(^^;;

粉なので、こぼれたり計り間違えたりしてしまうと「あー!」ってなってしまって、ちょっとしたストレスに(^_^;

そんな時に、姉から『ほほえみキューブ』使ってみたら?と言われ買ってきてもらい、実際に使い方を読んだ上で使ってみました!

すると粉ミルクがキューブ状になっているので、こぼすことも計り間違えることもないので小学生の姪っ子もミルクを作るのを手伝ってくれました☆

還暦を迎えてる私の親も、ミルク作りが楽々なので重宝してます♪

出先であってもミルク作りやすいし持ち運びも楽々なんです☆

が、粉ミルクより価格が高いのが難点(^_^;

そこさえ、クリア出来たら有難いんですけどね(^^;;

 

キューブ型ミルク

価格が高いと言うだけで、作りやすさと持ち運びやすさを重視するなら『ほほえみらくらくキューブ』がオススメです(*^_^*)


↑は0ヵ月から飲ませられるキューブタイプの粉ミルクです。


↑こちらは1歳からのキューブタイプの粉ミルクです。ご購入の際はお間違えのないように。

しかし、良く使うミルクだから価格は抑えたいって思うのが普通です(^_^;

粉ミルク自体は缶タイプとスティックタイプとケースがプラスチックタイプの3タイプ程あると思うんですが、私が産院で頂いてきた『E赤ちゃん』は詰め替えだけでも価格が高い(´Д`;)

この『E赤ちゃん』はプラスチック製のケースタイプです。

なので、コンパクトで缶タイプの様に固くはないので場所をあまり取らないのは良いと思います。

でも、そんなに量入ってないのが痛い(^^;;

量は缶タイプのように多くないのに、価格が高めなので、個人的にはオススメはしないです。

 

缶タイプの粉ミルク

缶タイプの粉ミルクは、大きいタイプだと当然重たいのですが、比較的安くて気持ち量も多めです。


しかし、計量してミルクを作る必要があるので、不慣れな内は大変かもしれません(^_^;

大きいタイプの缶は場所も取るので、置き場所も考えないといけませんし、計量してる最中に粉が多少散らばるのがデメリットですね(^^;;

 

便利グッツ

しかし、あらかじめ計量してる分をミルカーに入れておけば、いちいち計量する事も減るので楽にはなります。

今ではミルカー自体も100円ショップで販売してるので、助かりますね。


ちなみに、ミルカーと言うのは3段タイプになっているミルクケースの様なものです。

あらかじめ、月齢に合わせたミルクの分量を計ってケースに入れておくと、ミルクを作る際に楽になるグッズで計量スプーンで直接哺乳瓶に入れなくてもミルカーに入れておけば、ミルカーの先端部分が尖ってると言った方がいいのでしょうか?

哺乳瓶に入れやすい形状になっており、粉ミルクをこぼすことなく入れる事が出来るので、外出先でも、便利に使えます( ⋆ˊᵕˋ )

 

成長に合わせた選び方

お子様の月齢やお家の環境等で粉ミルクを選ぶのも有りですね。

ドラッグストアなどではお得パックや、オマケでおしりふきが付いてたりするものもあるので、その時の状況によって変えてみるのもいいかもしれません。

最後に、私の子はもうすぐ8ヶ月になります。


なので、まだ、粉ミルク自体は『0ヵ月〜1歳のお誕生日まで』の種類しか試せませんが、9ヵ月〜飲ませられる粉ミルクがどう違うのかも、また、感想をお伝え出来ればなと思います。

長々とお読み頂きありがとうございます(✿。◡ ◡。)

あくまで、個人的な感想と個人的に感じたメリットとデメリットですので、ご参考までに。