出典:Netflix

Netflixにて独占配信中のドラマ作品『オルタード・カーボン』独特の世界観などでネットで話題になっていますね。この作品、とってもオススメです。

そこで、この作品の魅力や、作品中に出てくる用語の解説等を行い、よりお楽しみ頂ければと思います。
見ようか迷っている方が居ましたら、ぜひこの記事をお読み頂き、参考にして頂ければ幸いです。

勿論。ストーリー展開等のネタバレは一切ありません。

スポンサーリンク

オルタード・カーボンの概要

タイトル:オルタード・カーボン

配信開始:2018年2月2日

原作者:リチャード・モーガン

話数:全10話

本作は、リチャード・モーガン筆のサイバーパンクSF小説シリーズである、オルタード・カーボンに基づき制作されています。

なお原作では、「オルタード・カーボン」、「ブロークン・エンジェル」、「ウォークン・フェアリーズ」の三部作があるみたいです。

あらすじ

反乱軍の唯一の生き残りとして、保存刑の罪に問われた主人公「タケシ・コヴァッチ」は地球上で250年の眠りから目を醒ます。

そして、見知らぬスリーブで目を醒ました「タケシ・コヴァッチ」は大富豪のローレンス・バンクロフトによって所有され、自らを殺害した犯人を見つけるよう指示される。

様々な人物が交差し、コヴァッチは真相に辿りつけるのか。

 

用語集

ここでは、作中に登場する様々な用語について解説します。

当たり前の様に、専門用語が飛び交う為、用語を先に抑えておけば、さらに楽しめる事間違い無しです。

【DHF(Digital Human Freight)】

デジタル化された、人の心や魂、精神。そしてそれらをデジタル化する為の技術を指す

【スタック(Stack)】

DHFを保存する為の、メダル状メモリーデバイスです。ナディア・マキタという人物によって発明されました。

全人類が、1歳になると脊髄上部に埋め込まれます。このスタックは作中では魂と同等の扱いになります。

【スリーヴ(Sleeve)】

スタックが魂というならば、スリーブはそれを入れる器というべきでしょうか。

このスタックは、クローン培養され、高値で売買されています。一般市民に対しては、レンタルやリースといった形で取引される事もある。

なお、肉体の性能はそのまま維持され、体力など肉体的ステータスはそのまま引き継がれる形になります。

【RD(リアルデス)】

本作においての、「死」

肉体が滅びとも、スタックが破壊されない限り、根本的な死は訪れない。

つまり、スタックを破壊する事が、根本的な死(リアルデス)を表す。

【ニードルキャスト(Needle Cast)】

光速を超えた、情報送信技術。他惑星への瞬時の移動が可能になる。(正確にはDHFコードを別のスタックに転送する事)

【メト(Meth)】

いわゆる富豪層。特権階級といわれる層の集団である。

その地位から莫大の資金を持って、自らのクローンを作成し、魂(DHFコード)を転送し続けている存在。

今回、「タケシ・コヴァッチ」に調査の依頼をした、「ローレンス・バンクラフト」もメトの一人である。

【CTAC(Colonial Tactical Assault Corp)】

植民地戦術強襲部隊(シータックと読む)

保護国によって、治安維持の為植民地に派遣される特殊部隊。

【ハーランズ・ワールド】

日本人と、東欧人が植民した惑星です。

タケシ・コヴァッチの故郷です。

【エンヴォイ(Envoy)】

ハーランズ・ワールドにて、世界最強を誇った外交特例部隊。

女性指導者である、クウェル・フォークナーによって導かれた保護国に対する反乱軍。壁越しに敵の位置や動きを察知するといった知覚洞察力を備えた、ニンジャ兵士である。保護国によって全滅し、現在は「タケシ・コヴァッチ」が唯一のエンヴォイである。

【ストロング・ホールド】

エンヴォイの本拠地

【新・カトリック派】

人間の魂と、スタック(DHF)は別の概念であると捉え、肉体の死後、別スリーブを用いての再生を反対する宗教および、その信者達

 

評価と感想

さて、ここまでは様々な作中の用語について解説を行いましたが、ここからは、ネタバレを含まない個人的な評価と感想をお伝えします。

– 評価 –

【内容】★ ★ ★ ★ ★

【設定】★ ★ ★ ★

【音楽】★ ★ ★ ★

【総合】★ ★ ★ ★ ★

総合評価は★5個、文句なしの最高評価です。

ただしかし、より高度に設定された世界観により、様々な用語が飛び交い、それを理解するのに時間がかかったのは事実です。なので、設定は★4です。

ただ、それらをしっかり理解すれば、本当に面白い作品です。サイバーパンクSFというだけあり、その世界観は目まぐるしい進化を遂げた未来です。そこで巻き起こる様々な事件は、観る方を作品の世界により没頭させます。そんな所から、内容は★5

音楽面は非常に良かったです。というより、Netflixのオリジナル作品はどれも音楽チョイスが素晴らしです。なので、今後の期待を込めて★4です。

 – 感想 –

さて、『オルタード・カーボン』を見た感想です。

この作品と出会ったのは、Netfilxにて別の作品を視聴していた際の予告映像でした。

何も考えず映像を見ていたのですが、その映像はとても未来的で、主人公がとてもかっこいいやん!これが第一印象です。

そこからすぐに視聴を開始しました。筆者はイッキ見が好きなので、スキマ時間等を利用してすぐに見てしまいました。

勿論、ネタバレを書くつもりはありませんので、多くは語りませんが、気になる方は、予告動画をぜひ観て頂きたいです。それを見れば、引き込まれる事間違いなしです。

 

まとめ

さて、ここまでお読み頂きありがとうございます。

いかがでしたか?

だんだん気になってきた方も多いのではないかと思います。

Netflixは有料コンテンツなので、登録をしている方しか視聴が出来ない作品ではありますが、

逆に!!

登録さえしていれば、こんな素晴らしい作品が視聴できるならと感じるくらいです。

他にも様々なオリジナル作品がありますので、ぜひお楽しみ頂ければと思います。