みなさん、こんにちわ。

以前、Cytus2というリズムゲームについてご紹介しましたが。ついにAndroid版も配信され、さらに盛り上がりを見せていますね。

今回はメインキャラクターの3人のストーリーを見終えた筆者がCytus2の世界観を解説し考察なんかも出来ればと思います。

スポンサーリンク
まず最初に、当記事ではネタバレを多く含みますので、まだプレイされていない方や、まだプレイの最中の方は閲覧を控えて頂いた方がいいかもしれません。

なお、Cytus2のゲームシステムなどについてはこちらの記事にてご紹介していますので、よければこちらもどうぞ。←こちらはネタバレなしです

Cytus2レビュー前作との違いや操作感 課金要素など【保存版】

基本的な世界観

遠い未来、そこには1000年以上続いてきた生活スタイルとは、異なる姿の世界が広がっていた。人類は全く新しいインターネットの定義とアクセス方法を生み出し、今や、気軽に現実世界とバーチャル世界を同期を行える。

この世界の巨大バーチャルインターネット空間cyTusに、Æsirという名のどこからともなく現れた伝説のDJがいた。彼の音楽には、その音符ひとつひとつが魂の奥深くまで染み渡るような人々の心に響く不思議な魅力があった。

ある日、これまで謎に包まれていたÆsirが突然大型バーチャルライブ――Æsir-FESTの開催を発表。ほかの名だたるトップシンガーやDJもまた、彼のゲストとして招待されていた。

情報が公開されるや否や、世界中がその話題で持ちきりになった。みな、Æsirの正体を知りたくてたまらなかったのだ。

ライブ当日、入場時間の1時間前には、アクセス数が過去の記録を突破。町中が沸き上がり、Æsirの登場を今か今かと待ちわびていた……引用:公式サイト

 

主要キャラクター紹介

ここでは、今作のストーリーを考察する上で必要不可欠な各キャラクターの紹介を行います。

超人気アーティスト兼CMスター。バーチャル世界、現実世界問わず、スポットライトお浴びる為に生まれたかのような24歳の少女。数えきれないほどのファンを有し、バーチャルライブには最長一週間並ばなければならないほどの圧倒的な人気ぶりで、会場はいつも満席。SNSの投稿内容は全てキャラづくりの為に事務所で厳しく管理されている。だがカメラやスポットライトのないところでの彼女はいったいどんな人物なのだろうか?

 

大人気の実況者。多くの筋金入りのファンに支持されている。よくゲームプレイを配信したり、チャットルームで様々なゴシップ−時に辛辣な話題で盛り上がっている。ネット世界ではカオスや無秩序を代表しているが、それと同時に創造性と可能性を象徴している。

 

機会的な話し方をする上、全てデータに基づいて分析判断する奇妙なキャラクター。一二を争うデータマニアで、インターネット上のあらゆるニュースを広く読みあさっており、気になる記事を見つけては自分のSNSでシェアしている。不定期に放送するラジオ番組は意外と人気。

 

A.R.C.のシステム管理者の一人。自由にシステムに入れる権限を持っている。凄腕のプログラマーでありながら、個人バンド「Xenon」のリーダー兼ギタリストでもある。正義感が強く、人を守ることに対して使命感を抱いており、自分の手で犯罪を根絶したいと願っている。

古代の楽器に対して理解の深い収集家であり、演奏家であり、考古学者。同時にこれらの楽器を自分の音楽と融合してきた。気品に溢れる優雅な中年紳士。高額な研究費用を維持するため、法律上グレーゾーンなことをしているという。また、彼の一族の歴史は文明復興や旧世代テクノロジーとかなり深い関わりがある。

 

バンド「Cherry PuNK」のリーダー兼ギタリスト。Xenonとは過去に色々あった。Æsir事件によってふたたびみぐり会った二人。彼らを待ち受けているのは真実か?はたまた新たな悪夢か?

cyTus

本ゲームの世界観を形作る重要な要素「cyTus」とはいったいなにか

国や企業よりもはるかに大きい人と人とをつなぐインターネット。

テクノロジーが高度に発展していく中、

新しいインターネットの姿と接続技術が生まれていた。

人々が耳の後ろに装着しているマイクロ接続デバイスを通して、

簡単に現実世界からネット世界に同期できるようになった今、

バーチャル世界が現実世界に取って代わっているとも言える。

そう、そこには過去とは全く異なった生活が存在していた。

この大きな変化をもたらす中心となったcyTusは、

世界最大のバーチャル都市である。

現実世界では巨大メインサーバの役割を果たしているが、

バーチャル世界では全世界70%以上もの人々が四六時中アクセスし

ここcyTusで第二の人生を展開している。

引用:公式

 

Cytus2に散りばめられた謎

今作は、Æsirを中心としたキャラクターのドラマが、ストーリーとして描かれているが、その全貌は未だ明かされておらず、多くの謎を残している。

本記事ではその謎について考察し、一歩でも真相に近付こうとするのが目的である。

そんな中で、物語の基盤となる、iMネットワークの投稿にて、重要だと思う内容を抜粋しておこう。

読者の皆さまも一緒に考察を楽しんで頂ければ幸い。

【cyTus年間トラフィックレポート】

  • cyTus架空都市に登録する利用者数は2億人に達している
  • 1日のアクティブユーザーは1億8000万人以上
  • 巨大SNSブロック総数も3万7千個以上に達している

 

【7th PAFFCON開催】

  • 今年はオフラインライブをNode08ドームにて開催

 

【Æsir-FESTについて】

  • 当日はPAFFとROBO_Headがゲストとして参加
  • 映像データの破損と会場の停電
  • 当日の再生記録:1

 

【Æsir事件】

  • メモリセルにÆsir-FESTの動画は存在しない
  • 事件:無
  • 事件関連データ:なし
  • 事件関連ハードウェア:破損
  • 証拠が見つかるまで上記3つの可能性は均等です:/

 

【Æsir-FESTのデータは消去されていない】

ゲストリスト

  • 新世代の歌姫 PAFF
  • エレクトロニックマシーンDJ ROB_Head

 

【00 000 011 10 11 1000 11】

  • モールス信号
  • 解読不明

 

【バーチャルライブ会場でトラブル】

  • PAFFがライブ中に意識不明
  • 観客にも一部体調不良
  • 100人以上に影響(11人は未だ意識不明)

 

【NEKOの生放送中にインターネット攻撃発生】

  • 8万人のオンライン視聴者と共に悪意的なオンライン攻撃にあう
  • 数十万人が一時的に記憶を喪失する
  • 直前に不審な着信に応答
  • 全て一箇所からの攻撃による被害

 

【Æsir-FEST破損データ修復進・・・100%】

  • 事件:有
  • 参加者の記憶:無
  • 侵入型Dos攻撃の可能性:99.98%
  • 攻撃元:A.R.C.の最高レベルのファイアーウォールを超える侵略手段を所持

 

プレイ後の感想

プレイ後といっても、まだ筆者はこのゲームを楽しんいます。

まだ当分このゲームにはお世話になってもいいと思える程楽しいゲームである事は間違いない。

音楽ゲームとして、前作よりノーツなどが格段に進化し、ビジュアル面のクオリティも一目了然であるのも確かだろう。筆者は決してプレイがうまい方ではないが、自分の限界をさらに高め、さらに楽しめるようになれればと思う。

 

これまでを踏まえた考察

さて、ここまででお読み頂きありがとうございます。

これまで、様々な内容について書きましたが、やはり一番の謎は、Æsirの存在ではないだろうか。最終的には、Æsir-FASTは実際に行われ、Æsir本人も出演したとの事の事実までが判明しました。

NEKOの生実況中に発生したサイバー事件によって、人々の記憶が一時的に喪失するなどの事柄から、Æsir事件の犯人と同じ犯行である事は間違いないと思います。

そして、NEKOが呟いた、00 000 011 10 11 1000 11とCいう不可解な数字列。これはモールス信号との書き込みがありましたが、なかなか解読が難しいのも事実です。ネット上では様々な書き込みがありましたが、真相は未だ謎のままです。

今回、Android版の配信もスタートし、新キャラクターCherryの追加もあったCytus2ですが、一体今後どんな展開を迎えるのでしょうか。

実は筆者も全ての追加コンテンツを購入できておらず、まだまだ真相にはたどり着けそうにないのが現状ですが、また何かこの記事にて、更新を行って行きたいと思います。

何がともあれ、前作より一層進化したCytus2を楽しんで行きましょう。

All引用:cytus2公式/アプリ内