出典:http://shibatasatoko.com

6月24日 23時55分より放送される『おしゃべりオジサンと怒れる女』にシンガーソングライターの柴田聡子(しばたさとこ)さんがゲストで出演します。

今回は、そんな柴田聡子さんをピックアップしていきます。

スポンサーリンク

さて、柴田聡子さんがどんな人物なのか調べてみのですが、なんと! まだWikipediaが存在していなかったのです!!

そんな柴田聡子さんのプロフィールを見ていきましょう。

柴田聡子さんのwikiなプロフィール

名前:柴田 聡子

生年月日:1986年

経歴:2010年より都内中心に活動を開始する

2011年夏と冬に自身で録音した2枚のデモCD、2012年6月三沢洋紀プロデュース多重録音による1stアルバム「しばたさとこ島」を、2013年8月にはバンドサウンドによる12インチ・アナログレコードシングル「海へ行こうかEP」を、2014年6月には再び自身で録音した2ndアルバム「いじわる全集」を発売。

演劇の祭典、フェスティバル/トーキョー13では1時間に及ぶ独白のような作品「たのもしいむすめ」を発表するなど、歌うことを中心に活動の幅を広げる。

2015年は6月に2種類のライブアルバム発売を経て、9月、山本精一プロデュースによる3rdアルバム「柴田聡子」を発売。

2016年6月、初の詩集「さばーく」を発売。同年、第5回エルスール財団新人賞<現代詩部門>を受賞。雑誌『文學会』『すばる』などにも詩を寄稿するなど、詩人としても注目を集めている。

2017年、青森県立美術館の美術展「ラブラブショー2」テーマソングを提供し、インスタレーションへも参加。小島みなみと紗倉まなのユニット・おとといフライデーにシングル曲「もしやこいつはロマンチックのしっぽ」を提供。岸田繁(くるり)、山本精一のプロデュース参加を始め、錚々たるミュージシャンたちと紡いだ待望の4thアルバム「愛の休日」が5月17日にリリース決定した。

引用:柴田聡子オフィシャルウェブサイト

柴田聡子の歌

柴田聡子さんの歌には他のアーティストは何か違う雰囲気がありますね。

歌い方や、ギターの弾き方に対して、なんとも表現しがたい何かを感じます。全ての動作に対して、柴田聡子さんのこれまでの人生や経験が多く出ているなと感じました。

今回、そんな柴田聡子さんは『おしゃべりオジサンと怒れる女』に出演したさい、いったい何を語るのか。注目したい所ですね。

 

まとめ

今回の記事を書く際に初めて柴田聡子さんの名前を知りました。

よくよく調べていけば、様々なメディアなどにも露出が多くなっている今の旬のアーティストであり、今後の活躍にも期待したい所でありますね。