出典:niftyニュース

世の中を賑わしていた天皇陛下の「生前退位」だが、今月9日にそれを実現する為の特定法が参院本議会で全会一致で可決、成立した。なお自民党は棄権した。今回はの逝去によらない代替わりは約200年振りとなる。

今回の生前退位によっての影響がいかなるものかをまとめていきます。

スポンサーリンク

今回とその前回の生前退位

今回の退位の決議は1817年に第119代の光格天皇が譲位して以来の事であり、実に約200年振りの事となる。

83歳になる今上天皇は昨年8月、「既に80を超え、幸いに健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています」と述べ、退位を希望する理由を説明した。

皇族は憲法上、政治発言の禁止によって退位したいという発言が直接的にできないのだ。

 

生前退位が起こす影響

今回の退位によって皇族ないで大きな影響があるみたいである。

1947年の皇室典範制定以来、生前退位が行われるのは初めての為、今上天皇から皇太子への財産の継承をどうするのかについても議論する必要があるみたいである。つまり、天皇ならではの財産をめぐる税制上の問題が発生するのである。

あまり、世間には知られていないものの、天皇家は私有財産を継承し続け、その都度多額の税金を納めてきた歴史がある。この生前退位がさらなる税の懸案となる可能性がるという。

歴代の天皇家が継承してきた『三種の神器』や歴代天皇の肖像画など、「皇位とともに伝わるべき由緒ある物」を由緒物といい、これらにかかる相続税は相続税法の規定により非課税となっている。

今回は生前の継承になる事から「贈与税」の扱いになるのだが、政府は相続税法と同等の対応が妥当と判断。

なお、その金額はおおよその金額は3億円ほどにも及ぶとも言われている。

 

まとめ

今回は様々なな事を調べたとこと、お金の問題はどこにでもあるものである、それを改めて実感しました。ただその金額に差が大きすぎる事。

私たちは一般人としての生を受け、生活をしていますが、どこの家庭にもお金の問題が発生している。そう思えば少し親近感が湧いてきますね。