出典:番組公式HP

ドラマ「アンナチュラル」の人気の秘密を調べました!可愛さを封印した石原さとみさんにも注目です!!気になる内容は?

スポンサーリンク

どうも!みなさん、こんにちは!

筆者はドラマが好きで、よく見ます!

新しいドラマが始まる前って決まって番宣等で、どういうジャンルのドラマなのかというのを放送すると思うんですが、その中で一番気になったドラマがこちらのアンナチュラルです!!

私自身、石原さとみさんが大好きっていうのもあるんですが、この作品自体脚本家も有名でして(・・;)

なんと、約一年ちょっと前になりますかね?

あの、世の中の一大ブームにもなった「逃げるは恥だが役に立つ」を手がけた、野木亜紀子さんです!

恋ダンスがしばらく一大ブームになり、歌手でもある星野源さんも年末の紅白歌合戦に出場など様々な快挙を成し遂げました!

ちなみに、私も大好きで息子を出産した直後くらいでしたが、録画してでも見てました( ´ ▽ ` )

他にも、「重版出来!」や「空飛ぶ広報室」などの作品も野木亜紀子さんの脚本です!

それに、「リバース」「Nのために」「夜行観覧車」のドラマ化を手がけた新井順子プロデューサーや同じく湊作品のドラマで演出を担当した塚原あゆこさんなど今ノリに乗っている女性スタッフたちが中心となって、この作品を盛り上げていっています!

主題歌も米津玄師さんの「Lemon」で凄くいい曲です。

ドラマとも合ってて、グッとくる時やばいです(-。-;

さて、話は戻りますが、そんな人気作を書いてきた方だから、アンナチュラルのお話し自体も大変興味深くて、見入ってしまうんですよね!

アンナチュラルとは?どういう意味?

アンナチュラルとは、ズバリ!「不自然死」です!

「亡くなった人だけでなく、今を生きる人々を救い、未来への希望を見出すために、、、」

「不自然死は許さない」

ドラマの舞台となるのは、日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」。そこに運び込まれるのは、“不自然な死”(アンナチュラル・デス)」の怪しい死体ばかり。ミコト(石原さとみ)はクセの強いメンバーたちと共に、連日UDIラボに運び込まれる死体に向かいメスを握る。(番組公式HPより引用)

現在は6話まで進んでいるんですが、ハラハラドキドキで展開が見えないこともあるので、最後まで目が離せません。

作品はどれも現代の問題や近年増えているSNSがらみの事件が描かれています。

今までのお話では集団自殺・過労死・感染症など実際に今の現代に沿って話が出来ているので、見ている側も違和感なく見れるんですよね。

作中には究明の過程で法医学用語はバンバン出てきますが、必ず解説が入るので内容が入ってきやすい。

そして、豪華な個性豊かな俳優さんや女優さんが多数出演されていて面白く見れる事が魅力だと思います。

愉快なUDIラボメンバーは?

出典:番組公式HPより。左から、松重豊さん、井浦新さん、石原さとみさん、窪田正孝さん、市川実日子さん

出典:番組公式HP

松重さんはUDIラボの所長役を演じておられて、毎度毎度ラボメンバーを支えたり怒ったりしていますが、やるときはやる素敵な上司です。

出典:番組公式HP

井浦さんは石原さんと同じ法医解剖医で過去に恋人が他殺体でラボに運ばれたことをキッカケになぜ、恋人が死んだのかを知るべく「赤い金魚」を探しています。

出典:番組公式HP

石原さんも井浦さんと同じ法医解剖医として、UDIで働いてますが、幼少期に一家無理心中の生き残りとして今の家族に引き取られた過去を持っており、その過去を暴こうと様々な思惑が交差してます。

出典:番組公式HP

窪田さんは解剖の記録員としてラボでバイトしているのですが、実は出版社で働いていて、石原さんの「一家無理心中の生き残り」を知り、色々身辺を調べつつひっそりと石原さんへ想いを寄せる医大学生を演じてます。

出典:番組公式HP

市川さんは、石原さん演じる三澄ミコトの同僚で臨床検査技師の顔を持つ、ミコトの良きパートナーです。

以上5名が主なメンバーで、このUDIラボメンバーを取り巻く人達も、また豪華で個性的!

「赤い金魚」の情報を提供しているフォレスト葬儀社の木林さんを竜星涼さんが演じておられたり、窪田さん演じる六郎の上司でもある週間ジャーナル編集者の末次さんを池田鉄洋さんが良い感じの悪さで演じておられ、マスゴミと評判の高いフリー記者の宍戸理一を北村有起哉さんがゲスな感じで演じておられ、見ている方も「うわぁ〜、悪いやつや。」と思わず言ってしまうほどで(・・;)

もちろん、他にも魅力的で面白い俳優さんや女優さんが多数出演されてます!

様々な濃い個性的な方々が取り巻くから、アンナチュラルの面白さも更に加速して行くんだなと思います!

ちなみに、お気付きの方も居られると思いますが、石原さとみさんと井浦新さんは私の記憶が間違ってなければ「リッチマン・プアウーマン」以来の共演だと思うので、その時の役柄と今を照らし合わせると、全く違うので役者って凄いなって尊敬します!

第7話の見所は?

出典:番組公式HP

第7話のタイトル「殺人遊戯」2月23日放送

以下、番組HPより引用しました。

ある日、ミコト(石原さとみ)の携帯に「これを見たら電話をください」と謎のリンクアドレスが貼られたメールが届く。差出人は、予備校で働く弟・秋彦(小笠原海)から紹介された法医学に興味を持つ高校1年の男子生徒だ。
ミコトがアドレスをクリックすると、「殺人者S」と名乗る学生が、自分が殺したというYの遺体を「殺人実況生中継」としてライブ配信していた!!
殺人者Sはミコトに対し、「Yくんの死因はなんでしょう?」と挑戦状を叩きつける。
もし答えを間違えたら、人質になっているXも殺すという…!

中堂(井浦新)は挑発に乗るなと止めるが、ミコトはSの勝負に乗ることに。

しかし、ライブ配信で映し出される映像しか死因を特定するヒントはない。果たしてミコトは、遠隔診断でYの死因にたどり着けるのか!?

法医学者VS殺人者Sの勝負の結末は?
衝撃の事件には隠された秘密があった…。

まとめ

番組の予告では、アプリで顔が加工された状態で配信されており、凄く現代とリンクしているなと(^^;;

 それに、ライブ配信という今の若者を中心に人気のSNSですよね。
第7話も見逃せません、ミコトの出す答えと、中堂の暴走を食い止める事ができるのかも見所ですよね。
私も、念のために録画してゆっくり見ます!
余談ですが、石原さとみさんが大好きなので、作中のこの髪型にこの間切ってもらいました!( ^∀^)
最後まで、読んでいただきありがとうございました!